コンセプト

デザインコンセプトは「内側から外側へ」

住まう人、使う人の手が触れる場所から「心地よい」と感じるデザインを考えることを大切にしています。 「デザインする」ことは、私達の暮らしのなかでおこる様々な問題を解決するために考え、快適性や安全性を具体的な形にすることです。

発想は「内側から外側へ」・・・建物という器だけをつくるのではなく、私達が暮らす場である生活空間の細部から生活環境全体のデザインを追求し「心地よさ」をご提案しています。

そして、空間へ、建物へ、街へ、と心地よさを拡げていきたいと思います。

精神的要素の充実は「真の豊かさ」

住まいは、多くの人にとって生活空間の中心であると思いますが、ライフスタイルの変化や多様化に伴い、その空間の在り方は、さまざまな形が存在し、また、変化を遂げていく可能性があるのだと思います。

たとえば、20畳のワンルームがあるとします。 ある家族は、収納スペースや子供が遊ぶスペースを間仕切り、機能的に生活したいと考えます。
また、あるシングル女性は、広々とした空間を最大限生かし、家での仕事や来客時にも、フレキシブルに対応できるオープンスタイルの住まいにしたいと考えます。 そして、それぞれがそこでの生活を通して、新たなライフスタイルを発見し、それに伴う生活空間の変化を考えていく事でしょう・・・

しかしながら、ライフスタイルや生活空間の在り方が、たとえ相違し変化しようとも、生活空間の中心となる住まいに求める、安心感・安全性・快適性など「精神的要素の充実」は、誰もが共通して望んでいる事であり「真の豊かさ」だと思います。

私達は、住環境・生活空間を設計する専門家として、建築デザインや空間デザインを提案する事と同時に、「精神的要素の充実」が永遠に得られる住環境・生活空間を提案していく事をいつも心がけたいと考えております。

「心が休まる空間」を住まいのなかに

忙しい時、疲れている時、リラックスしたい時・・・そんな時にゆったりとした気分で、好きな音楽やアロマの香り、読書などを楽しめる空間は、私たちに豊かな時間を創りだしてくれます。

住まいは、家族との時間とともに、自分の時間を大切に出来る空間も必要です。

私達は、豊かな時間を創りだしずっとそこに居たくなる「心が休まる空間」を住まいのなかにご提案しています。

  • facebook
  • twitter